【Tranya Novaレビュー】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

記事内に広告を含む場合があります

こんにちは!みつです。

今回はすんごいイヤホンを見つけたので紹介します。

価格は1万円以下ですが、正直私の知る1万円以下のイヤホンでは1、2位を争う品質です。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
Tranya Nova

実際、価格からは想像できない以上の「音質」で、「ノイキャン性能」「マルチポイント接続」と機能全部盛りのイヤホンです。

正直、コスパ良すぎのイヤホンです。ただ気になった点もあるため、実際に使ってみて感じた感想含め紹介致します!

メリット

  • 価格からは信じられない音がでる
  • -43dBの高性能ノイズキャンセリング
  • この価格で全部盛り
  • 専用アプリでカスタマイズもできてコスパ良すぎ

デメリット

  • 光沢ケースなので指紋汚れが目立つ

1万円以下のイヤホンおすすめは?と言われたら…つい「Tranya Nova」を紹介してしまいそうです。それ位に価格以上の品質でした。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

この記事でわかること

 ※その他の詳細(外観、よくある質問等)は記事内の「タップできる目次」でご確認ください。

提供:Tranay


この記事の著者

ガジェットブロガー

みつ

プロフィール

画像を多く用いて、ガジェットのレビューを専門に提供するブログを運営しています。最大月間30万PVを誇り、ガジェット愛好者やガジェット購入を検討している方々に向けて、詳細かつ視覚的に魅力的なコンテンツを発信しています

Tranya Novaの概要

Tranya Novaは一万円以下ながら、マルチポイント・ノイキャン・高音質と高コスパなイヤホンです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

実際のところ、Tranya Novaは全部盛りイヤホンですが製品特徴は以下の通りです。

製品特徴
  • 最大-43bBのノイズを低減するノイキャン性能
  • ハイレゾ相当のaptX Adaptiveに対応
  • クアルコム社の最先端チップ「QCC3072」を採用
  • Bluetooth5.3をサポートし、次世代BluetoothオーディオのLE Audioに対応予定
  • 12mmの大型ダイナミックドライバーを採用
  • 左右6基の高性能マイクと cVc 8.0 テクノロジーにより、相手にクリアな音声で通話機能
  • マルチポイント接続機能を搭載
  • 最大30時間の連続利用が可能
  • ワイヤレス充電対応
  • 専用アプリ「Tranya Audio」で各種カスタマイズが可能

Tranya Novaの製品仕様は以下の通りです。

製品名Tranya Nova
製品イメージ
サイズ約6.2cm × 4.8cm × 2.6cm
カラーブラック
重量・約44g (充電ケース含む)
・約5g (イヤホン本体 片耳)
防水規格IPX5
最大再生時間最大9時間 (イヤホン本体のみ)
最大36時間 (充電ケース使用時)
充電ポートUSB-Cポート
※ワイヤレス充電にも対応
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.3
ドライバー方式12mmダイナミックドライバー
コーデックSBC、AAC、aptX Adaptive
対応OSiOS
Android
マイク・6基搭載
・cVc8.0通話
技適認証番号219-239133
イコライザーあり
片耳利用あり
マルチポイント接続
(デュアル接続)
あり
ノイズキャンセリングあり
外部音取り込みあり
ワイヤレス充電あり
装着検出機能なし
探す機能あり
アプリ対応あり
タッチ操作あり
同梱物・Tranya Nova本体 × 1
・USB-C to USB-A充電ケール × 1
・イヤーピース S / M / L
・取扱説明書
メーカー保証15ヶ月の製品保証
定価¥9,880
最新価格 Amazon
Tranya Novaの製品仕様

また、Tranyaさんが気になるとうい方は、以下公式サイトやTwitterなどを確認してみてください。


Tranya Novaの開封および同梱物

白を基調とした固めのパッケージです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
パッケージ正面

開封するとイヤホン本体、ケース下部にマニュアルやイヤーピースが入ってます。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
開封

同梱物は以下の通りです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
Tranya Nova同梱物一式
同梱物
  • Tranya Nova本体 × 1
  • USB-C to USB-A充電ケール × 1
  • イヤーピース S / M / L
  • 取扱説明書


Tranya Novaの外観

Tranya Novaの外観はこんな感じです。ケースは光沢ブラックでめちゃめちゃ映り込みます。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
ケース正面

ケース背面には「Tranya」ロゴが入ってます。なかなかロゴがかっこいいです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
ケース背面

ケース下部には充電用のUSB-C端子があります。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
下部にUSB-C端子
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
ケース開封状態

Tranya Novaのイヤホン外観は以下の通りです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

サイズ感はAirPods Pro 第2世代とほぼ同様です。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
Tranya Nova(左)、AirPods Pro(右)

重量は以下の通りイヤホン反対が約5g、イヤホン込みのケース本体が約44gです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
イヤホン重量
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
ケース重量(イヤホン込み)
みつ
みつ

イヤホン本体はベーシックな形状で、ケースはかなりの光沢感があります。


Tranya Novaを実際に使ってみての感想

価格からは信じられない音がでる

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

これ…お世辞抜きにすごいです。

記事執筆時点でTranya NovaのAmazon価格は¥7,580ですが1万円以下の音じゃないです。深みのある没入感が高い低音で、細かな中高音域の音もクリアに鮮明に聞こえます。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

個人的には、1万円台最強のワイヤレスイヤホンは「EarFun Air Pro 3」でしたが「Tranya Nova」は勝っているのでは?と思えるような音質でした。

  • クアルコム社の最先端チップ「QCC3072」を採用
  • 12mmの大型ダイナミックドライバーを採用
  • ハイレゾ相当の高音質コーデックaptX Adaptiveに対応
  • Tranya独自技術のSonicMax™テクノロジーで音の鮮明さと分離性を向上

音質が優れているのは先に紹介した上記特徴からでしょうが、音楽・映画やドラマと深く味合う事ができるイヤホンです。

-43dBの高性能ノイズキャンセリング

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

音質同様のコメントで申し訳ないですが、ノイキャン圧倒的です。-43dBとありますが、Tranya Novaはしっかりと音をかき消してくれます。本当に価格を疑う品質です。

エアコンを強風、扇風機をつけた部屋でイヤホンつけながら作業しましたが、風切音や機械音は一切聞こえません。

さわがしいカフェやショッピングモールでも同様に音をかき消してくれます。

若干ですが高音域のノイキャンが苦手かな?という感じですが、正直さまざまなノイキャンイヤホンを使っている人でないとわからないレベルです。

最近は、Anker史上最強のノイキャンイヤホン「Soundcore Liberty 4 NC」を試しましたが、ノイキャン性能はせまるレベルに感じました。

この価格で全部盛り

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

個人的にイヤホンで最も重要な「音質」「ノイキャン性能」は正直100点でした。しつこいですが価格から信じられない品質です。

で…他はどう?ってところですが、結論「全部盛り」の素晴らしいイヤホンです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
ワイヤレス充電対応

イヤホン利用にあたって、個人的に外せない機能がしっかり搭載されています。

イヤホン必須機能
  • マルチポイント接続
  • ワイヤレス充電
  • イコライザーによる音質設定
  • ノイキャン・外音取込み

そして、遅延モード(ゲームモード)など、しっかりと搭載されていて隙がありません。

専用アプリでカスタマイズもできてコスパ良すぎ

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

なにが言いたいかというと、Tranya Novaコスパ良すぎです。

実際にしばらく使ってみてですが、「音質よし」「ノイキャンすごい」「機能全部盛り」で1万円以下とは信じられない高コスパです。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
タッチ操作
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
タッチ操作の設定変更
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
イコライザー設定
【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
設定項目

専用アプリ「Tranya Audio」も優秀で、画像の通り直感的に操作できてイコライザー、ボタン設定と細かな設定が可能です。

あと、他メーカーさんではあまりない、「デバイスを探す」という機能でイヤホンの所在地を把握できたりします。

Tranya Audio

Tranya Audio

2023 Shenzhen Quangu Technology Co., Ltd無料posted withアプリーチ


Tranya Novaの気になった点

光沢ケースなので指紋汚れが目立つ

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

正直、ワイヤレスイヤホンの性能として気になった点はありません。

「音質」「ノイキャン性能」「機能全部盛り」「価格」と全てが価格からは信じられないくらいの品質です。

正直Tranyaさん赤字では?と思ってしまう品質です。

で…強いてTranya Novaの気になった点をあげると、ケースのデザインです。光沢ケースなので指紋汚れが目立つんですよね…

逆に光沢タイプが好きっていう人も多いでしょうが、私はマットで汚れに強い感じが好きなので気になった点としてあげさせていただきました。

ただ、ワイヤレスイヤホンとしては価格からは信じられない仕上がりなので、安価に高品質イヤホンを手に入れたいという方はかなりおすすめです。


Tranya Novaのクチコミ

ノイズキャンセリングがすごい!

今回初めて高価格帯(1万円前後)のワイヤレスイヤホンを買いました。
そのため、他のノイズキャンセリングと比較することはできないのですが、素人目にみてもすごいです。
また、イヤホンケースをワイヤレス充電できることや専用のアプリがあるところもいい感じです。
注意点として、イヤホンケースが指紋がつきやすいので、指紋汚れが人によっては気になるかもしれません。

“Amazon出典引用”

低音の圧とキレは見事

LDACに慣れた耳にはやや地味な中高域ですが、とにかく下のくっきりしてかつパンチのある鳴りが好印象です。
メーカーの生い立ちはSOUNDPEATSさんのそれに近い会社。そのせいか製品ラインナップと価格帯もガチで被ります。今のところCapsule3Proがライバルだと思われますが耳栓としてはこちらが、鳴りではCapsule3Proが優れる感じです。
ノイズキャンセリングがONの時の方がイコライザいじってない場合バランスがいいという変わり種です。私は寝床の横に水槽用のポンプ3つ稼働させて暮らしていますが、オンリーミュージックという公式サイトの謳い文句に偽り無いと思いました。

アプリがちょっとクセあります。GPSと回線が揃ってる環境(ようはスマホのみ、無回線タブレットに入れると動作躓く)専用になります。

価格的にSOUNDPEATSのEngine4と当たるので音楽聴きたい方には厳しい選択肢ですが、ANC重視の方には検討を薦めます。これからが楽しみなブランドのひとつです。

“Amazon出典引用”

ノイキャンに驚きました

このメーカーのインイヤーtwsを仕事のzoom用に使用しています。相手側からも聞きやすいとの事で常用してます。
そしてこのメーカーからノイキャン新製品という事で購入。という事で感想はノイキャンメインで。
【音質】
音質はインイヤーと同様に効きすぎ無い低音で好み。聞き疲れしない。この価格でapt-xも対応、Android機に良き。
【ノイキャン】
驚いたのがノイキャン性能。正直そこまで期待してなかったのですが旧型ハイエンド製品並に効きます。
騒音の塊、パチ屋で試した感じだと以下の順で騒音が減ったように感じました。
SONY WF-1000XM3(2019年) = 本製品(2023年) > JBL TOUR PRO+ (2021年) > >Echo Buds 2(2022年)

聞き分けられ無いだけでもっと効いてるかもです。
ただ、メダルの当たる高音の相殺に失敗してるのかザザっという音が入る時がありました。
※不具合かどうかは分かりませんがパチ屋は特殊すぎる環境なので評価対象外とします
エアコンの音や電車の音はよく抑えられてます。
【外装】
airpods タイプでケースにぱちっと収まる。使う時に充電されて無いって事は起こらないでしょう。その点はjblより優れてます。
ケースはプラスチックで高級感って感じでは無いけど軽量、コンパクト。
添付写真は左からソニーxm3、本機、JBL TOUR PRO+、Amazon echo buds

【総評】
結構驚きました。数年で技術がだいぶ進化してますね。今のハイエンドは更に凄いのかもしれませんが、値段も跳ね上がってます。自分が求めている十分以上の性能がこの値段で手に入ったのでとても良い買い物が出来ました。

“Amazon出典引用”

いい商品です

今使用しているイヤホンが調子が悪くなった為こちらを購入しました。
数日使用した感想かきます。
音質に関してはめっちゃくちゃ良い!とくに低音がはっきりしていて聴いていて心地よいです。
ノイズキャセリングは抜群に良い!まじで周りの音きこえなくなるので、使用場所に関しては注意が必要かもしれないです。
アプリで好みの音質チューニング出来るので自分好みを見つけられるのも良いですね。
防水に関してはお風呂で使用しましたが問題なく使用できたので大丈夫と思います。
ケースも小さく軽いのでいいですね!
接続に関しても簡単にできるので問題無しですね。
唯一欠点あげるとしたらノイズキャセリングして音量をあげてきくと音漏れがするのでボリュームは注意が必要かと思います。
総合的にみてこの価格でこれだけ充実していれば大満足です。
購入してよかったです。

“Amazon出典引用”


Tranya Novaのよくある問い合わせ

Tranya Novaはマルチポイント接続に対応していますか?

対応しています。

Tranya Novaはノイズキャンセリング機能は搭載されていますか?どの程度のノイズを低減できますか?

ノイズキャンセリングに対応しており、最大-43dBのノイズを低減します。

Tranya Novaのバッテリー性能はどのくらいですか?

バッテリー性能は以下の通りです。
・イヤホン本体は最大9時間の連続利用が可能
・ケース込みで最大36時間の利用が可能
・10分の充電で最大2時間の連続利用が可能

Tranya Novaに防水性能は備えてますか?

IPX5の防水性能に対応しており、スポーツ中の汗や屋外の雨などの際も利用可能です。


Tranya Novaのまとめ

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも

Tranya Novaは1万円を切る価格(記事執筆時点では¥7,580)ながら、信じられないくらいに高品質なイヤホンでした。

価格を教えられずに「音質」「ノイキャン性能」を試したら、倍以上の価格のイヤホンと思ってしまうレベルです。

正直、Tranya Novaはかなり売れるんじゃないかなという予感がします。

あらためてメリット・デメリットを紹介致します。

【Tranya Nova】一万円以下だと、トップレベルのイヤホンかも
Tranya Nova
総合評価
 (4.5)

メリット

  • 価格からは信じられない音がでる
  • -43dBの高性能ノイズキャンセリング
  • この価格で全部盛り
  • 専用アプリでカスタマイズもできてコスパ良すぎ

デメリット

  • 光沢ケースなので指紋汚れが目立つ
おすすめな人
  • はじめてワイヤレスイヤホンを購入する人
  • 予算が1万円以下で最高のイヤホンが欲しい人
  • 3万くらいのイヤホンを持っているけどサブイヤホンが欲しい人

他競合のワイヤレスイヤホン

最後までご確認いただきありがとうございます。

是非、関連記事もチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA