iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選5選

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選5選

記事内に広告が含まれています

  • おすすめイヤホン20選、30選とかうんざり!
  • 本当に厳選したイヤホンだけ紹介して!
  • 持ってないのを紹介するのを止めてくれ!
みつ
みつ

上記のような方に向けた記事内容になってます。


私が実際に持っていて、長く使って本当におすすめできるイヤホンを紹介します!

選択の基準は著者の独自判断に基づき、音質、価格、機能、デザインなどを総合的に考慮して厳選しています。

紹介製品の中から選べば、かなり満足してもらえます。高くていいのは当たり前ですが1万円台でもかなりいい製品はありますよ。


この記事の著者

ガジェットブロガー

みつ

プロフィール

画像を多く用いて、ガジェットのレビューを専門に提供するブログを運営しています。最大月間30万PVを誇り、ガジェット愛好者やガジェット購入を検討している方々に向けて、詳細かつ視覚的に魅力的なコンテンツを発信しています

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

この記事では、iPhone 15に最適なワイヤレスイヤホンを厳選して紹介します。

結論からお伝えすると、以下のイヤホンが特におすすめです。

1位:Soundcore Liberty 4
iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選
 (5)

¥14,990(税込)

価格と機能のバランスが最も優れており、1万円台で高品質な音楽体験が可能

2位:JBL TOUR PRO
 (4.5)

¥33,000(税込)

JBL最新のフラグシップイヤホンです。機能性は圧倒的で、クリアで繊細な音質でありながらしっかりとした重厚感を持つJBLサウンドです。装着感がとてもよく世界初のスマートタッチディスプレイを搭載したモデルで、ガジェット好きにはたまらない製品になっています。

3位:AirPods Pro 第2世代
iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選
 (4.5)

¥38,192(税込)

Appleデバイスを複数持っている方には最適な選択。価格は高いですが、その価値は十分にあり。

4位:3位:Soundcore Liberty 4 NC
 (4)

¥12,990(税込)

価格と機能のバランスがLiberty 4並みに優れております。そして1万円前半で高品質な音楽体験が可能です。Liberty 4と比較し「ノイキャン」と「バッテリー」性能が強化されています。

5位:Nothing Ear (2)
iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選
 (4)

¥21,870(税込)

デザイン性と機能性を兼ね備えたイヤホン。デザインが注目されがちですが、機能面でも非常に優れています。

順位付けは著者の独自判断に基づき、音質、価格、機能、デザインなどを総合的に考慮して決めています。


iPhoneおすすめワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty 4

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

このイヤホンが一番のおすすめです。

理由は価格は1万円台ながら、価格以上の高音質で機能全部盛りのワイヤレスイヤホンだからです。

製品特徴
  • 高品質ドライバー: ACAA3.0と2基のダイナミックドライバーで高音質
  • 360度の音響体験: 3Dオーディオで没入感のある音楽体験
  • 快適な装着感: CloudComfortチップで耳に優しい
  • ヘルスモニター機能: 最新のヘルスモニタリング機能を搭載
  • 自動ノイズキャンセリング: 状況に応じて調整するウルトラノイズキャンセリング2.0
  • 高音質コーデック: ハイレゾとLDAC対応
  • マルチポイント接続: 2台のデバイスと同時に接続可能
  • 長時間再生: 最大28時間のバッテリー寿命
  • 充電: USB-C充電およびワイヤレス充電に対応
  • 感圧センサー: AirPods Proのようなツマミ操作が可能

製品仕様を整理すると以下の通りです。

製品名Anker Soundcore Liberty 4
製品イメージ
サイズ約5.9cm x 5.7cm x 2.9cm
カラー・ミッドナイトブラック
・クラウドホワイト
・スカイブルー
・ワインレッド
・シャンパンゴールド(新色)
重量・約55g (充電ケース含む)
・約5.8g (イヤホン本体 片耳)
防水規格IPX4
最大再生時間通常モード:
最⼤9時間 (イヤホン本体のみ)
最⼤28時間 (充電ケース使⽤時)

ノイズキャンセリングモード:
最大7時間 (イヤホン本体のみ)
最大24時間 (充電ケース使用時)

LDAC使用時 (通常モード):
最⼤5.5時間 (イヤホン本体のみ)
最⼤16.5時間 (充電ケース使⽤時)
充電ポートUSB-Cポート
※ワイヤレス充電にも対応
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.3
ドライバー方式A.C.A.A 3.0
(2基のダイナミックドライバー)
コーデックAAC、SBC、LDAC
対応OSiOS
Android
片耳利用あり
マイクあり(左右あわせて6つのマイク)
マルチポイント接続
(デュアル接続)
あり
アクティブノイズキャンセリングあり
外部音取り込みあり
ワイヤレス充電あり
装着検出機能あり
探す機能あり
アプリ対応あり(soundcore)
タッチ操作あり(プレスコントロール)
同梱物・Soundcore Liberty 4、充電ケース
・イヤーチップ (4種類)
・USB-C & USB-A ケーブル
・クイックスタートガイド
・安全マニュアル
・18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
・カスタマーサポート
メーカー保証最大2年間の保証
価格をチェックAmazon
Anker Soundcore Liberty 4の製品仕様
iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

実際に私が使ってみて感じた魅力です。

魅力的なポイント
  • コスパが凄い:1万円台で高音質で全ての機能が揃っていてお財布に優しい
  • デザイン良し:ケーススライド時のホワイトLED点灯がかなりかっこいい
  • 装着感:CloudComfortチップの装着感がとてもよく、長時間の利用でも耳が痛くならない

カラーもブラック以外に以下バリエーションがあります。


シャンパンゴールド
クラウドホワイト

スカイブルー
ワインレッド

みつ
みつ

新色の「シャンパンゴールド」が追加されました!

みつ
みつ

価格含めて一番のおすすめ!価格以上の品質です!


JBL TOUR PRO 2

JBL TOUR PRO 2

音質や装着感に高いこだわりがあり、ガジェット好きには是非チェックして欲しいアイテムです。

世界的オーディオブランドJBLのフラグシップイヤホン「JBL TOUR PRO 2」の特徴は以下の通りです。

製品特徴
  • 世界初スマートタッチディスプレイ搭載充電ケース: ケースから主要なイヤホンの操作や設定変更が可能
  • ハイブリッドノイズキャンセリング: 周囲のノイズを分析し、リアルタイムに補正を行い高品質なノイズキャンセリングを提供
  • 10mm径ダイナミックドライバー搭載:カーボン素材「DLC (Diamond-Like Carbon) 」をコーティングした振動板を採用
  • ハイブリッドデザイン: ショートスティック型をさらに進化させ長時間の利用でも快適な装着感
  • 空間オーディオ機能: 映画、音楽、ゲームの3つのモードで立体的な空間サウンドを提供
  • 進化したマイク性能:合計6つのマイクを搭載し、自分の声と周囲の音の量が選択可能
  • デュアル・オーバルシェイプデザイン: 外耳道内に心地よくフィットし、忠実な音楽再生とノイズキャンセリング効果を発揮
  • 高いバッテリー性能: 最大40時間の利用と、15分の充電で4時間の連続再生が可能。

魅力的なポイント
  • 世界初スマートタッチディスプレイケース:アプリ不要でイヤホンの各種操作や設定変更が可能
  • 没入感たっぷりのJBLサウンド:世界的オーディオブランドJBLの完成された音質
  • 高い装着感:ショートスティック型で完成された装着感と操作性

なんといっても、他メーカーにないタッチ式のディスプレイが最高です。ケース本体で操作ができスマホアプリ操作が不要です。

以下は一部抜粋ですが、ケースで出来る設定や操作です。基本ケースだけで設定変更や操作は完結できます。

再生・停止・曲送り
音量の上げ下げ

ノイキャン設定
空間オーディオ設定

音質はさすがJBLというところで、映画・音楽ともにクリアで重厚感ある音質です。そして、聴き疲れなくボーカルもくっきりと聴こえます。

個人的には、映画やドラマでの役者の声がクリアに聴こえ、息づかいの細部まではっきりと聴こえます。

みつ
みつ

予算出せるならJBL TOUR PRO 2を選んで欲しいです。実は一番利用頻度が高いです!


AirPods Pro 第2世代

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

さすが純正という所ですが、AirPods Pro第2世代です。

Appleデバイスを複数持っている人には最高のイヤホンです。価格だけの価値はありますが、もう少し価格を抑えてもらえれば一番におすすめしたい製品でした。

製品特徴
  • 進化したH2チップ: 最新チップでスマートなノイズキャンセリングと3Dサウンドを提供。
  • シームレスな接続切替: iPhoneやMac、iPad、Apple Watchと瞬時に接続切替が可能
  • アクティブノイズキャンセリング: 不要なノイズ音を初代の2倍取り除く。
  • 適応型環境音除去: 毎秒48,000回の騒音フィルタリング機能を搭載
  • 空間オーディオ: 映画館のような没入感のあるサウンド体験を提供
  • 高性能バッテリー: 1回の充電で最大6時間、MagSafeケースで最大30時間の連続再生。
  • ワイヤレス充電対応: MagSafe充電器に置くだけで充電可能
  • 探すアプリ対応: U1チップでAppleの「探す」アプリに対応し紛失防止
  • タッチコントロール操作向上: 音量調節や再生機能が簡単に操作可能。


トップレベルのノイズキャンセリング性能、複数のAppleデバイス間の連携と手放すことができないくらい便利なイヤホンです。

製品名AirPods Pro 第2世代
イメージ
チップH2チップ
ノイズキャンセリング機能ノイズキャンセリング
適応型環境音除去
Bluetoothバージョン5.3
タッチセンサーでの音量コントロールあり
バッテリー性能イヤホン単体 6時間
ケース込み 30時間
充電方式Lightning充電
ワイヤレス充電
MagSafe充電
スピーカーケースにスピーカーあり
イヤーチップ4種類
価格チェックAmazon
AirPods Pro 第2世代とAirPods Pro初代の変更点
iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

実際に私が使ってみて感じた魅力です。

魅力的なポイント
  • 純正の強み:Appleデバイス間のシームレスな自動切替で手間要らず
  • 空間オーディオ:臨場感たっぷりに映画やドラマが楽しめる
  • 今後も進化するイヤホン:iOSの進化にあわせ購入後も機能追加(適応型オーディオ等)されていく


かなり高価な製品ですが、唯一無二の機能性で利用者が多いのもうなづける品質です。

みつ
みつ

高いけど、Appleデバイスとの連携という点に関しては唯一無二の製品です!


Anker Soundcore Liberty 4 NC

次におすすめが、このイヤホンです。正直Soundcore Liberty 4と甲乙つけ難くどちらを選ぶかは好みの世界です。

同様に価格は1万円前半ながら、価格以上の高音質で機能全部盛りのワイヤレスイヤホンだからです。

製品特徴
  • 進化したノイズキャンセリング: ウルトラノイズキャンセリング 3.0を搭載し、一人一人に最適化されたノイズキャンセリングが可能。
  • 高感度センサーと大口径ドライバー: 基礎性能が大幅に向上。高感度センサー、大口径ドライバー、遮音性を高めたチャンバーにより、多様な雑音を打ち消す。
  • 最大50時間の長時間再生: イヤホン本体で最大10時間、充電ケースを使用すると最大50時間の音楽再生が可能。さらに、10分の充電で約4時間の再生が可能。
  • 高音質コーデックLDAC対応: 原音に忠実な音楽再生が可能。
  • マルチポイント接続: Bluetooth 5.3対応で安定した接続。2台の機器と同時に接続が可能。
  • AIノイズリダクション: 6つのマイクとAIノイズリダクション機能でクリアな音声通話。
  • IPX4防水規格: 突然の雨や水濡れでも安心。
  • 高機能アプリ対応: Soundcoreアプリで音質調整、モード設定が可能。
  • ワイヤレス充電対応: ケーブル不要で充電可能。

製品仕様を整理すると以下の通りです。

製品名Soundcore Liberty 4 NC
製品イメージ
サイズ約5.7 x 5.7 x 3.0cm
カラーブラック、ホワイト、ネイビー、
ピンク、ライトブルー
重量・約60g (充電ケース含む)
・約5g (イヤホン本体 片耳)
防水規格IPX4
最大再生時間・通常モード:
最大10時間 (イヤホン本体のみ)
最大50時間 (充電ケース使用時)

・ノイズキャンセリングモード:
最大8時間 (イヤホン本体のみ)
最大40時間 (充電ケース使用時)

・LDAC使用時:
最大6時間 (イヤホン本体のみ)
最大30時間 (充電ケース使用時)
充電ポートUSB-Cポート
※ワイヤレス充電にも対応
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.3
ドライバー方式11mmダイナミックドライバー
コーデックSBC、AAC、LDAC
対応OSiOS
Android
イコライザーあり
片耳利用あり
マイクあり
マルチポイント接続
(デュアル接続)
あり
ノイズキャンセリングあり
外部音取り込みあり
ワイヤレス充電あり
装着検出機能あり
探す機能あり
ヘルスモニタリングなし
アプリ対応あり
タッチ操作あり
同梱物・Soundcore Liberty 4 NC
・イヤーチップ (4種類)
・USB-C & USB-A ケーブル
・クイックスタートガイド
・安全マニュアル
・製品保証/カスタマーサポート
メーカー保証最大2年間の保証
※Anker会員登録時
定価¥12,990
最新価格Amazon
Soundcore Liberty 4 NCの製品仕様


iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

実際に私が使ってみて感じた魅力です。

魅力的なポイント
  • コスパが凄い:Liberty 4同様に1万円前半で、高音質で全ての機能が揃っていてお財布に優しい
  • ノイキャン最強:Anker史上最高というだけあって、強力なノイキャン性能
  • バッテリー性能:連続最大50時間の利用が可能なバッテリー性能

カラーもブラック以外に以下バリエーションがあります。


ホワイト
ネイビー

ピンク
ライトブルー

みつ
みつ

Soundcore Liberty 4とNCはどっちがいいの?という方向けに以下の比較記事を作成しました。

【Anker Soundcore Liberty 4 NCレビュー】Anker史上最高のノイキャンイヤホン!1万円台で最もおすすめなイヤホン!
Soundcore Liberty 4 NC(左)、Soundcore Liberty 4(右)

Soundcore Liberty 4 NCとSoundcore Liberty 4を比較した表です。差分がある項目を個人的にピックアップして比較してます。

製品名Soundcore Liberty 4 NCSoundcore Liberty 4
製品イメージ
ノイズキャンウルトラノイズキャンセリング3.0
・環境と耳の形状にあわせてパーソナライズ
ウルトラノイズキャンセリング2.0
・周囲の環境に合わせ自動調整
最大再生時間通常モード:
最大10時間 (イヤホン本体のみ)
最大50時間 (充電ケース使用時)
通常モード:
最⼤9時間 (イヤホン本体のみ)
最⼤28時間 (充電ケース使⽤時)
ドライバー方式1基のドライバー
・11mmダイナミックドライバー
2基のドライバー
・9.2mmダイナミックドライバー
・6mmダイナミックドライバー
装着感Liberty 4 NC専用イヤーチップCloudComfortイヤーチップ
イコライザーありあり
片耳利用ありあり
マイクありあり
マルチポイント接続
(デュアル接続)
ありあり
外部音取り込みありあり
ワイヤレス充電ありあり
装着検出機能ありあり
探す機能ありあり
ヘルスモニタリングなしあり
アプリ対応ありあり
タッチ操作ありあり
操作方法タッチ操作プレスコントロール
定価12,990円14,990円
最新価格AmazonAmazon
Soundcore Liberty 4 NCとSoundcore Liberty 4の比較

ノイキャン性能について

Soundcore Liberty 4 NCはノイキャン特化モデルのウルトラノイズキャンセリング3.0というだけあって、Soundcore Liberty 4と比較しても1.3〜1.4倍くらいノイキャンは強くなっています。

他メーカーさんと比較しても2万円台に負けない品質なので、ノイキャン重視の方にはSoundcore Liberty 4 NCがおすすめです。

音質について

Soundcore Liberty 4 NCはドライバー1つ(11mm DAドライバー)、Soundcore Liberty 4は2つ(9.2mmと6mm DAドライバー)とドライバーの数に違いはありますが、私の感覚ではそれ程、大きな違いは感じません。

あえて言うと、Soundcore Liberty 4の方が少しクリアでスッキリとした感じがします。音質にこだわる方はSoundcore Liberty 4が良い選択肢です。

バッテリー性能

Soundcore Liberty 4のバッテリー性能も十分高いですが、Soundcore Liberty 4 NCは最大50時間と圧倒的です。

長時間の利用が見込まれる方や、頻繁に充電したくないという方はSoundcore Liberty 4 NCがおすすめです。

装着感

装着感やデザインとなると、ちょっと好みの世界になってしまいますが、私の感想としては、Soundcore Liberty 4の方が多少つけ心地がいいかなという所です。

とはいえ、Soundcore Liberty 4 NCのつけ心地もめちゃめちゃいいです。長時間つけても痛くならないし、痒くもなりません。

ただ、Soundcore Liberty 4のCloudComforeイヤーチップがサラッとしてちょっとつけ心地をよく感じます。

総合判断

総合的には以下が私の結論です。

Soundcore Liberty 4とNC比較結果
みつ
みつ

正直、1万円台ならどっちを買っても正解です。ノイキャンを重視するなら「Soundcore Liberty 4 NC」一択です。

他のポイントはそれ程、大きな差を感じませんでした(あくまで個人の感想です)

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

みつ
みつ

Soundcore Liberty 4同様に高コスパでかなりおすすめです。


Nothing Ear (2)

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

スケルトンタイプのデザインが目を引くNothing Ear (2)ですが、その見た目だけでなく音質と機能面でも優れています。

製品特徴
  • カスタマイズ:ユーザー毎のパーソナルサウンドプロファイル機能を搭載
  • マルチポイント接続:デュアル接続(マルチポイント接続)対応
  • ノイキャン:最大40dbの高機能なノイズキャンセリング
  • 高音質:ハイレゾ オーディオ認定のスタジオに匹敵するクオリティサウンド
  • つまみ操作:プレスコントロール機能搭載
  • バッテリー性能:最大36時間の連続利用が可能
  • 防水性能:IP54/IP55の優れた防水と防塵性能
  • 専用アプリ:優れたUIと操作性のNothing Xアプリでカスタマイズ可能


見た目、優先と思われがちですが高い音質とノイキャン性能、ユーザーインターフェースの優れたアプリと魅力的なポイントがたくさんあります。

製品名Nothing Ear (2)
製品イメージ
サイズイヤホン:2.94cm × 2.15cm × 2.35cm
ケース:5.55cm × 5.55cm × 2.2cm
カラーホワイト
重量イヤホン片耳 4.5g
ケース 59g
防水規格IP54(イヤホン)
IP55(ケース)
最大再生時間イヤホン単体 6.3時間
ケース込み 36時間
※10分の充電で約8時間の利用が可能
充電ポートUSB-Cポート
※ワイヤレス充電にも対応
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.3
ドライバー方式11.6mm ダイナミック
コーデックAAC、SBC、LHDC 5.0
対応OSiOS
Android
片耳利用あり
マイクあり(左右あわせて6つのマイク)
マルチポイント接続
(デュアル接続)
あり
アクティブノイズキャンセリングあり(最大-40dB)
外部音取り込みあり
ワイヤレス充電あり
装着検出機能あり
探す機能あり
アプリ対応あり(Nothing X)
タッチ操作あり(プレスコントロール)
低遅延モードあり
同梱物・イヤホン 1 組
・S /M /Lイヤーチップ
・充電ケース
・Type-C ケーブル
・安全に関する情報と保証に関する情報
・ユーザーガイド
メーカー保証最大2年間の保証
Nothing Ear (2)の製品仕様
iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

実際に私が使ってみて感じた魅力的なポイントです。

魅力的なポイント
  • デザインが最高:スケルトンタイプのイヤホンで近未来感のあるデザイン
  • クリアサウンド:繊細で細部の音まで聞き取れる高音質
  • アプリが秀逸:高いユーザーインターフェースと各種カスタマイズに対応

見た目以上に高い機能性を備えたワイヤレスイヤホンです。音質は価格相当というのが正直な感想です。

みつ
みつ

デザインだけでなく音質・機能面も妥協したくない人にはかなりおすすめです。


イヤホン購入時のチェックポイント

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

音質以外にも、有線・無線、価格、デザインなど、チェックポイントは多いです。

今回はイヤホンの使い勝手や音質に関わる特に重要な以下4点にしぼってチェックポイントをお伝えします!

イヤホン選択時のチェックポイント
  • ノイズキャンリング性能
  • ワイヤレス充電
  • マルチポイント接続
  • 対応コーデック


今回紹介の製品は上記チェックポイントを高いレベルで満たし、著者個人としては高音質な製品に厳選し紹介しております。

ノイズキャンセリング性能

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

ノイズキャンセリングは周囲の雑音を打ち消して音楽や通話をクリアに楽しむための機能です。

ノイズキャンセリングの有無でイヤホンの活用度が大きく変わるため、これは必須の機能です。

どんなにいい音がするイヤホンでも回りの騒音を拾ってしまうと台無しですし、音楽、勉強、読書など、多様な用途で集中力を高めるためにも、ノイズキャンセリングは重要です。

購入時にはノイズキャンセリング機能のある/なし、および40db以上のノイズ低減ができるかをチェックしましょう。

みつ
みつ

高音質だけでは不十分でノイズキャンセリング機能は必須です。

マルチポイント接続

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

マルチポイント接続は、一つのイヤホンで複数のデバイスに同時に接続できる便利機能です。

例えば、iPadで映画を視聴しながら、iPhoneの着信にもすぐに対応できるというような使い方ができる便利な機能です。

今は複数デバイス持ちが当たり前なので、是非とも欲しい機能です。

マルチポイント接続とは、一つのイヤホンが同時に複数のデバイス(例えば、スマホとパソコン)に接続できる機能のことです。この機能があると、例えばパソコンで動画を見ていて、スマホで音楽を再生すると自動で接続が切り替わりスマホで再生している音楽が流れます。

利用の都度、デバイスの接続直しが不要で快適に音楽や動画を楽しむ事ができます。

みつ
みつ

複数デバイス持ちには必須の機能です。

コーデック

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

コーデックは、音声データを効率よく圧縮し転送する技術です。

Bluetoothイヤホンを使用する場合、音質は使用するコーデックに大きく影響されます。同じイヤホンでも、使用するコーデックによって音質が大きく変わる可能性があります。

代表的なコーデックは以下の通りです。

コーデックiOS対応特徴
SBC対応Bluetoothオーディオの標準的なコーデック、他コーデックと比較し音質が劣る
AAC対応主にApple製品で利用されるコーデックでSBCより高音質
aptX非対応Qualcommが開発した高品質なコーデック
aptX Adaptive非対応Qualcommが開発した進化版のaptX。遅延性能が改善され、より安定した高音質な音楽体験を提供
LDAC非対応Sonyが開発した高品質なコーデック。より高音質な音楽体験を提供する
主要コーデック比較表

音質はSBC / AAC / aptX / aptX Adaptive / LDACの順に高音質になります。

iPhoneが対応する最も高音質なコーデックはAACです。そのため必ずしもLDAC対応のイヤホンを選ぶ必要はありません。

みつ
みつ

LDACに対応しているからiPhoneも高音質という訳ではありません。

ワイヤレス充電

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

ワイヤレス充電機能があれば、充電ケーブルを毎回抜き差しする手間が省け、単にワイヤレス充電器に置くだけで充電が可能です。

日々の忙しい生活の中で充電ケーブルの抜き差しって面倒な作業ですよね。

是非、ワイヤレス充電に対応した製品を選んでください。

特におすすめは「Belkin MagSafe 3 in 1ワイヤレス充電器」で、詳しくは以下の関連記事で他の製品との比較も行っています。

みつ
みつ

ワイヤレス充電はストレスなく充電できて最高です!


iPhone 15イヤホン購入にあるよくある問合せ(FAQ)

iPhone 15はイヤホンジャックがありますか?

iPhone 15にはイヤホンジャックはありません。BluetoothイヤホンまたはUSB-C接続のイヤホンを使用することになります。

iPhone 15にはイヤホンが付属していますか?

iPhone 15にはイヤホンは付属していません。別途購入する必要があります。

iPhone 15でどのようなBluetoothイヤホンが使えますか?

iPhone 15はBluetooth 5.3に対応しているためBluetooth対応イヤホンは利用可能です。

iPhone 15で有線イヤホンを使いたい場合は?

USB-C接続の有線イヤホンを使用するか、3.5mmイヤホンジャックを搭載したUSB-Cハブを利用することで使用可能です。

iPhone 15はLDACに対応していますか?

対応していません。対応コーデックはSBCとAACになります。


まとめ:最適なイヤホンを選択し、音楽や映画を楽しもう!

iPhone 15おすすめワイヤレスイヤホン厳選3選

この記事では、iPhone 15に最適なワイヤレスイヤホンを厳選してご紹介しました。特に注目すべきは以下の3製品です。

項目
Anker Soundcore
Liberty 4

JBL TOUR PRO 2

Anker Soundcore
Liberty 4 NC

AirPods Pro
第2世代

Nothing Ear (2)
サイズ5.9 x 5.7 x 2.9cm5.8 × 6.0 × 3.0cm5.7 x 5.7 x 3.0cm2.4 x 2.18 x 3.09cm5.55 × 5.55 × 2.2cm
重量約55g約85約60g約56g約60.8g
ノイキャンありありありありあり
マルチポイントありありありありあり
ワイヤレス充電ありありありありあり
特徴音質・機能・価格のバランスがいい高機能・高音質
世界初の操作可能な充電ケース
音質・機能・価格のバランスがいい
Anker史上最高ノイキャン
Appleデバイス複数利用者におすすめデザイン特化の高機能イヤホン
価格¥14,990¥33,000¥12,990¥38,129¥21,870
最新価格AmazonAmazonAmazonAmazonAmazon
iPhone 15おすすめイヤホン

各製品は音質、価格、機能、デザインなど、多角的に評価しました。

購入前には、ノイズキャンセリング性能、ワイヤレス充電、マルチポイント接続、対応コーデックなど、いくつかの重要な要素を確認することをお勧めします。

どの製品も一長一短ありますが、自分のニーズに最も合った製品を選んでみてください。以下は私の考える選択基準です。

イヤホン選択基準
  • Soundcore Liberty 4:価格と機能のバランスが最も優れている。コストを抑えて高品質イヤホンを手に入れたい人
  • JBL TOUR PRO 2:JBLサウンドが好きで、操作可能なディスプレイケースに魅力を感じる人
  • Soundcore Liberty 4 NC:Liberty 4をベースにノイキャン・バッテリー性能を強化したモデル
  • AirPods Pro 第2世代::Appleデバイスを複数持っている方には最適な選択肢。価格は高いが価値は十分にあり
  • Nothing Ear (2):デザイン性と機能性を兼ね備えたイヤホン。機能面も高いですが見た目も重視する人

iPhone 15おすすめ関連記事

最後までご確認いただきありがとうございます。

是非、関連記事についてもチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA