BUFFALO WSR-5400XE6レビュー!最新規格Wi-Fi6Eに対応した交換も簡単なWi-Fiルーター

BUFFALO WSR-5400XE6レビュー!最新規格Wi-Fi6Eに対応した交換も簡単なWi-Fiルーター

記事内に広告を含む場合があります

  • 高速で安定したインターネット接続ができるルーターがいい
  • ルーターの交換や設定に手間をかけたくない
  • 部屋のインテリアとも調和するようなデザインがいい
みつ
みつ

上記悩みを解決するルーターを紹介致します。


今回は、2.4GHz/5GHzと新たな帯域6GHzが利用可能となる、最新規格Wi-Fi6Eに対応したWSR-5400XE6の利用機会をいただきました。

我が家は「楽天ひかり」と「TP-Link Archer AX73」を使ってますが、切替方法や実際に使って感じたメリット、デメリットを紹介致します!

WSR-5400XE6

まずはざくっと結論をお伝えします。

メリット

  • スタイリッシュなデザインで設置場所を選ばない
  • 最新のWi-Fi6Eに対応し安定した高速通信が可能
  • ギガ超え光回線を最大限活用する2.5Gbpsのインターネットポート搭載
  • ワイドバンド160MHzに対応し動画再生が途切れない
  • 古いルーターからの交換が簡単

デメリット

  • Wi-Fi6Eに対応した製品が少ない

速度がサクサクで快適なのはもちろんですが、他メーカー(TP-Link)からのルーター交換はめっちゃ簡単ですし、初期設定も楽すぎました。

この記事でわかること

※その他の詳細(外観、よくある質問等)は記事内の「タップできる目次」でご確認ください。

提供:BUFFALO


この記事の著者

ガジェットブロガー

みつ

プロフィール

画像を多く用いて、ガジェットのレビューを専門に提供するブログを運営しています。最大月間30万PVを誇り、ガジェット愛好者やガジェット購入を検討している方々に向けて、詳細かつ視覚的に魅力的なコンテンツを発信しています

WSR-5400XE6の概要

WSR-5400XE6は最新規格Wi-Fi6Eに対応した、仕事も趣味もはかどる最新ルーターです。

製品特徴を整理する以下の通りです。

製品特徴
  • Wi-Fi最新規格Wi-Fi6E対応ルーター
  • 主要なIPv6(PoE/ IPv4 over IPv6)に対応
  • 2.4GHz/5GHz/6GHzの3つの周波数帯に対応したトライバンドルータ
  • 最新規格対応で、よりたくさん同時につながる事ができる
  • 動画再生が途切れにくいワイドバンド160MHzに対応
  • バンドステアリングLiteで電波状況に応じ、帯域(2.4GHz/5GHz/6GHz)を自動切替
  • 最大2.5Gbps対応のインターネットポートを搭載
  • 手軽にメッシュネットワークを構成する「Wi-Fi EasyMesh」を搭載
  • ネットワークセキュリティを守るネット脅威ブロッカーを搭載
  • 場所をとらずに設置できるスリムデザイン
  • ルーター交換が簡単「スマート引越し」機能を搭載
製品特徴の紹介

さすが、21年連続ルーター販売台数ナンバーワンのBUFFALOさんです。ルーター機器老舗だけあって機能は盛り盛りです。

見た目もスタイリッシュで最新規格Wi-Fi6Eに対応し、長く使えるルーターです。製品仕様を整理すると以下の通りです。

項目WSR-5400XE6
イメージ
サイズ5.9 × 17.7 × 17.5cm
(幅 × 高さ × 奥行き)
重量約650g
※本体のみ
電源AC100V 50/60Hz
消費電力16.2W(最大)
対応OSWindows、Mac、iOS、Android
伝送方式CCK、DSSS、OFDM、OFDMA、MIMO
アンテナ5GHz/2.4GHz共通アンテナ:2 本 無指向性
6GHz専用アンテナ:2 本 無指向性
アクセスモードインフラストラクチャーモード、中継機能
周波数範囲
(チャンネル)
6GHz:
191~283ch(5955~6415MHz)

5GHz:
W52 36/40/44/48ch(5180~5240MHz)
W53 52/56/60/64ch(5260~5320MHz)
W56 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch(5500~5700MHz)
W56(新電波法対応) 144ch(5720MHz)

2.4GHz:
1~13ch(2412~2472MHz)
※電波法により6GHz/W52/53は屋外使用禁止です。(法令により許可された場合を除く)
準拠規格
(最大転送速度)
6GHz:
IEEE 802.11ax:2401Mbps (160MHz 2×2)

5GHz:
IEEE 802.11ax:2401Mbps (160MHz 2×2)
IEEE 802.11ac:1733Mbps (160MHz 2×2)
IEEE 802.11n: 300Mbps (40MHz 2×2)
IEEE 802.11a: 54Mbps

2.4GHz:
IEEE 802.11ax: 573Mbps (40MHz 2×2)
IEEE 802.11n : 300Mbps (40MHz 2×2)
IEEE 802.11g : 54Mbps
IEEE 802.11b : 11Mbps
※表示の数値は理論上の最大値であり、実際の転送速度を示すものではありません。
セキュリティWPA3 Personal
WPA2 Personal
WPA/WPA2 Personal
WPA2/WPA3 Personal
WEP(128-bit / 64-bit)
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
伝送速度LANポート:
最大1Gbps(1G/100M/10Mbps)×3(AUTO-MDIX)

INTERNETポート:
最大2.5Gbps(2.5G/1G/100M/10Mbps)×1(AUTO-MDIX)
有線端子形状RJ-45型 8極
WAN側IP取得方法手動 / DHCP / PPPoE / DHCPv6-PD / IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)※
※IPv4 over IPv6での通信はOCNバーチャルコネクト、v6プラス、IPv6オプション、transix、クロスパス、v6 コネクトに対応しています。
セキュリティステートフルパケットインスペクション(SPI)、パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
その他機能・回線自動判別切替機能
・ネット脅威ブロッカー2 ベーシック
同梱物・ルーター本体、スタンド、LANケーブル(カテゴリー5e:0.5m)、ACアダプター、取扱説明書、保証書
製品保証1年間
定価¥17,980
最新価格Amazon
WSR-5400XE6の製品仕様


WSR-5400XE6の開封および同梱物

BUFFALOカラーの赤と黒ベースのパッケージです。

パッケージ正面
背面に製品特徴
開封

WSR-5400XE6の同梱物は以下の通りです。

WSR-5400XE6の同梱物一式
同梱物
  • ルーター本体
  • ルータースタンド
  • LANケーブル(カテゴリー5e:0.5m)
  • ACアダプター
  • 取扱説明書、保証書

マニュアルは日本語記載で、さすがBUFFALOさんというだけあってめちゃめちゃわかりやすいです。

久しぶりにBUFFALOさんルーターを利用しましたが、とまどう事はありませんでした。

セットアップガイド


WSR-5400XE6の外観

WSR-5400XE6の全体感はこんな感じです。スタイリッシュなデザインで部屋の景観を損ないません。

全体感

正面から見てもカッコいいです。

正面

左側面には、SSIDやパスワード(マスクかけて見えないようにしてます)が印字されています。

右側面
左側面

背面には切替スイッチや、LAN / インターネット端子が搭載されています。

背面

土台はスライドさせて本体の底面に取り付けます。

底面および土台

本製品の売りである「Wi-Fi6E」規格対応のラベルが貼られております。

Wi-Fi6E規格対応

WSR-5400XE6本体正面にAOSSボタンがあります。

正面にAOSSボタン

PCなどの有線接続用のLAN端子 × 3、キャリア側(楽天ひかりなど)と接続するインターネット端子 × 1がWSR-5400XE6背面にあります。

搭載ポート

背面上部には「AUTO / MANUAL」「ROUTER / AP / WB」のスイッチがあります。

スイッチ類
みつ
みつ

通信用のアンテナも内蔵され、室内の景観を壊さないスタイリッシュなデザインです。


WSR-5400XE6 メリット

スタイリッシュなデザインで設置場所を選ばない

あまりルーターの見た目にかこだわる人はいないと思いますが、よくないですか?

ちょっと未来感のあるデザインでスタイリッシュでコンパクトです。そして、通信用のアンテナも内蔵されているので違和感なく室内に置くこともできます。

今までは、Archer AX73を利用していたのですが、アンテナが悪目立ちするので室内からは見えないように利用してました。

何本もアンテナが生えていると速度が早そうに見えますが後述の「速度検証」で紹介の通り通信も安定し高速でした。

そして、WSR-5400XE6は特に室内のインテリアとの調和にこだわる人にはおすすめのルーターです。

最新のWi-Fi6Eに対応し安定した高速通信が可能

WSR-5400XE6は本製品の売りでもあるWi-Fi最新規格の「Wi-Fi6E」に対応してます。

Wi-Fi6Eについて補足すると、Wi-Fiは2.4GHz帯、5GHz帯おがありますが、さらに6GHz帯が利用できる規格です。

Wi-Fi6E メリット
  • 利用可能な帯域が増えて、より快適な通信が行える
  • 通信の混雑や干渉が少なくなる
  • DFSによる待機時間がなくなる

道路と車で例えると…「車線が増えて」「横断歩道がなくなって」「遅い車がいなくなって」めちゃめちゃスピードが出せるというイメージです。

“Amazon出典引用”

最新規格だけあって良いことだらけです!Wi-Fi6E詳細について知りたい方は、BUFFALOさんの以下紹介ページをご確認ください。

ギガ超え光回線を最大限活用する2.5Gbpsのインターネットポート搭載

2.5Gbpsのインターネットポート

これは嬉しいですよね。インターネット側の回線速度は最大2.5Gbpsの回線速度まで対応しています。

私は楽天ひかりの1Gbpsプランを利用しているので、問題ないですが最近は1Gbpsを超えるサービスが出ています。

せっかくの高速のひかり回線(2Gbpsなど)を使っていても、ルーターが対応していない(インターネットポートが1GB制限など)場合、最大限の速度でインターネット通信を楽しむ事ができません。

WSR-5400XE6であれば、より高速なひかり回線を利用出来ますし、高速なキャリアに変更しても今後長く使っていけそうです。

ワイドバンド160MHzに対応し動画再生が途切れない

動画も途切れない

WSR-5400XE6はワイドバンド160MHzに対応し、安定して通信できるようになりました。

従来の約2倍のチャネル幅となる160MHzに対応したので、大容量のデータを一気に運ぶ事ができます。

そのため、我が家でもよくみるPrimeVideoやNetflix、YouTubeなどの動画配信サービスをより快適に観る事ができます。

古いルーターからの交換が簡単

我が家のひかり回線は「楽天ひかり」でルーターは「TP-Link Archer AX73」を利用しておりました。

以前、自宅のネット環境を変更した際は、下記対応(ルーター設定、各機器のWi-Fi再接続設定)にめちゃめちゃ時間がかかりました…

WSR-5400XE6への切替も同様に時間がかかるだという思い込みで、なかなかルーター交換が出来ませんでした。

  • 楽天ひかりへ繋ぐためのルーター設定がよくわからない
  • SSIDが変更になるため、家中の機器のWi-Fi接続を再設定

で…重い腰を上げてWSR-5400XE6に交換しましたが…実際に試した所、想像以上に簡単でビビりました。

①に関しては複雑な設定はなく本体スイッチをAUTOにしておき、楽天ひかりのONUからWSR-5400XE6にケーブルを繋げば自動で繋がってしまいます。

補足するとWSR-5400XE6は楽天公式でも案内のある「クロスパス接続対応」ルーターなので設定不要でケーブルつなげば自動でつながるというルーターです。

みつ
みつ

回線判別まで30秒くらいかかるけど、「楽天ひかり」と「WSR-5400XE6」は上記のようにケーブルを繋げるだけで自動でつながります!設定不要!

そして、WSR-5400XE6は別メーカーのルーターでも、現在、使っていルーターのSSIDとパスワードをコピーする機能を持っており、そのまま設定を引き継ぐ事ができました。

そのため、家中の機器のWi-Fi接続しなおし自体が不要で、タイミングを見計らえば家族に迷惑かける事なくルーター交換が完了します。


WSR-5400XE6 デメリット

Wi-Fi6Eに対応した製品が少ない

実際に使ってみて、WSR-5400XE6は速度もしっかりと出ますしスタイリッシュなデザインで、機能性およびデザインに不満はありません。

ただ、WSR-5400XE6を最大限活用するためには、Wi-Fi6Eの対応した製品を利用する必要がありますが、まだまだ対応製品が少ないんですよね。

私はiPhoneを利用してますが、下記公式サイトで紹介の通り現時点で最新のiPhone 14でもWi-Fi6Eに非対応です。

AndroidではGoogle Pixel 7などが対応しているようです。

ただ、今後Wi-Fi6Eに対応した製品も続々と出てくるので、先取りという意味でWSR-5400XE6はいい選択肢になりそうです。

そして、最新規格に対応しているという事は、今後も長く使えるルーターという事になります。


WSR-5400XE6の速度テスト

我が家は「楽天ひかり」を利用してますが、実際にWSR-5400XE6でどの程度の速度が出るか検証してみました。

我が家は木造の3階建(ローンなし)ですが、速度テスト環境は以下の通りです。残念ながら対応機器がないのでWi-Fi6E(6GHz帯)はテストしていないです。

おそらく下記より良い結果になるはずです

【WSR-5400XE6の速度検証環境】

  • 検証はWi-Fi6対応のiPhone 13を利用
  • WSR-5400XE6は1階に設置
  • 各フロアで2.4GHz、5GHzの速度テストを実施

1階にWSR-5400XE6を設置し、各階でどの程度の速度であったかは以下の通りでした。

各階2.4GHz5GHz
1階84Mbps430Mbps
2階63Mbps400Mbps
3階64Mbps230Mbps
WSR-5400XE6の速度検証結果

5Ghz帯が3階でも意外と速度が出たのでちょっと驚きました。

ただ3階でiPhone 13のアンテナ状況を確認した所、アンテナが3本ではなく2本だったので、状況に応じメッシュWi-Fi(Wi-Fi EasyMesh)にしたらさらに良くなりそうです。

1階のWSR-5400XE6速度テスト

2.4GHz
5GHz

2階のWSR-5400XE6速度テスト

2.4GHz
5GHz

3階のWSR-5400XE6速度テスト

2.4GHz
5GHZ


WSR-5400XE6の口コミ

SSIDの引き継ぎができるからめっちゃ楽(

【デザイン】
大きさはwsr-1500axより一回り大きい感じで,断面が菱形様の近代的なデザインでおしゃれです.

【設定の簡単さ】
他のBuffalo製品と同様,簡単に設定が行えます.
今まで使っていたBuffaloルーターのSSID/設定の引き継ぎも行えるので,スマホやパソコンの方の設定を変更せずに済みます!
IoT全盛の昨今,すべての家電の設定を一新するのは非常にめんどくさいので,このようにルーター側の設定だけで済むのはありがたいです.

【機能性】
EasyMesh対応で,干渉等を考えずに必要な場所に設置できます.
2.4, 5, 6 GHzの3周波数対応なので,IoT家電は2.4GHzに,途切れても良さそうなものは5GHzに,テレワーク用パソコン等安定して欲しいものは6 GHzにそれぞれ設定するといい感じに安定します.
とはいえ6E規格はまだ対応端末も多くないので,所持端末が対応してるか確認必須です.
使用者が多いApple製品に関しては,2023年モデル以降の端末で対応しているものがあるようです.

“Amazon出典引用”

これからルーターを買いたい・買い替えたい方に…この【Wi-Fi 6E】対応ルーターはおススメ(

バッファローのWi-Fi 6Eと2.5GbE対応ポート搭載ルーター。
インテリアにも合うデザインでグレーっぽい色味も良い。
付属のLANケーブルは50㎝なので不安な方はLANケーブルも揃えておくといいです。

我が家は違うので試せませんでしたが…
ギガ越えの光回線を使っているなら2.5Gbpsのポートはうれしいですね。
接続は簡単なので初心者さんにもおススメ。
これからルーターを買いたい・買い替えたい…という方に
このWi-Fi6E対応ルーターはいいと思います。

“Amazon出典引用”

機器も6Eに対応している必要あり(

Wi-fi 6E対応ルーターだけど恩恵を受けるにはスマホなども6E規格に対応している必要があり
新しい規格なのでまだ対応機器が少ないけど、今後を見越すなら6E対応ルーターを買っておくと長く使えそう
ただ、6Eは6Ghz帯の電波ってことでやっぱ接続が不安定ですね
我が家はルーターを1階、スマホを2階で使用してて5Ghz帯の電波でも繋がりが悪くなる環境なので、2階で使っていると不安定すぎて正直、要らないという感じでした
1階同士で使っていれば問題なし
MESHでネットワーク構築すれば2階でも快適に使えるか?

“Amazon出典引用”

スマホのために買い換えました(

もともとWi-Fi6対応のルーターを使っていたのですが、やっとスマホをピクセル7Aに買い換えまして、喜び勇んで初めてWi-Fi6につないでみようとしたんですが、5ギガヘルツ帯にも2ギガヘルツ帯にも繋がりませんでした。スマホのサポートが有料だったこともあって、各ハードウェアのメーカーに連絡を取ってジタバタすることもできたんですが、安易にWi-Fi6E対応のルーターに買い換えようということになりました。接続に関しては何の問題も起こりませんでした。PCを有線接続でfast.comスピードテストサイトでダウンロード690Ⅿbpsアップロード510Ⅿbpsくらいのところをスマホでは6ギガヘルツ接続で近距離離れてダウンロード300Ⅿbpsアップロード490Ⅿbpsくらいのスピードで通信できてます。やっぱり無線だと速度おちるんですね。ネットは2.5ギガヘルツ速度のケーブルテレビのサービスを使用しています。結論としていろいろめんどいことを考えたくないということで老舗のルーターの新しいモデルではありますが、安心感を求めてこのモデルにしたのは間違いではなかったと思います。

“Amazon出典引用”

WSR-5400XE6のよくある問合せ

WSR-5400XE6のWi-Fi6Eについてもっと詳しく知りたい。

バッファロー公式サイトにWi-Fi6Eのメリットや以前のWi-Fi規格との比較情報が掲載されております。

楽天ひかりを利用しているけど、WSR-5400XE6は利用できますか?

利用できます。私はArcher AX73からWSR-5400XE6へ変更し問題なく快適に利用できております。切替手順の詳細は記事内に掲載しております。

WSR-5400XE6の6GHzのSSIDに接続しようとしたが接続できない

6GHz帯(Wi-Fi6E)は最新規格となります。Wi-Fi6Eに対応したデバイスである必要があるため利用製品がWi-Fi6E対応製品かをご確認ください。以下参考情報となります。

Apple 製デバイスで Wi-Fi 6E ネットワークを利用する
Wi-Fi 6E/Wi-Fi 7対応スマートフォンの一覧【2023年7月更新】

別メーカーのルーターを利用しているが、SSIDなどの設定をWSR-5400XE6へコピーする事は可能か

現在、利用中のルーターにWPSボタンまたはAOSSボタンがあれば、WSR-5400XE6の「無線引っ越し機能」を利用する事で簡単に設定をコピーする事ができます。

WSR-5400XE6付属のマニュアル「引っ越しガイド」に詳細が記載されておりマニュアルの手順に従う事で簡単に設定のコピーが可能です。


楽天ひかりとArcher AX73からWSR-5400XE6へ変更してみた

我が家は「楽天ひかり」「TP-Link Archer AX73」の構成でしたが、特につまずくことなくWSR-5400XE6へ切り替える事ができました。

参考までに手順を紹介します。おおまかな流れは以下の通りです。

WSR-5400XE6への変更手順
  • 現ルーターのSSID設定をWSR-5400XE6へコピー
  • WSR-5400XE6を結線し電源ON
  • WSR-5400XE6にログインし設定実施

実際の設定はこんな感じです。簡単ですよね。

現ルーター(TP-Link Archer AX73)のSSID設定をWSR-5400XE6へコピー
AOSSボタン

WSR-5400XE6で利用できる「無線引っ越し機能」を利用して無線設定(SSID、暗号化キー)をコピーしました。

ざっくりとですが、本体切替スイッチをAUTOにし、上記の通りAOSSボタンを押して、コピー元のルーターでもAOSSボタン(またはWPSボタン)を押して設定をコピーします。

詳細手順については同梱されているマニュアル「引っ越しガイド」に詳細が記載されているので省略します。

付属の「引っ越しガイド」

「無線引っ越し機能」とは、Wi-Fiルーター本体のWPSボタンまたはAOSSボタンを押して、今までのWi-Fiルーターで使用していた無線設定を引っ越しする機能です。

WSR-5400XE6を結線し電源ON

楽天ひかりの回線終端装置とWSR-5400XE6を接続します。上記の通り楽天ひかりからのケーブルをWSR-5400XE6のインターネットポートに接続し電源をONにします。

WSR-5400XE6にログインし接続確認

PCまたはスマホで、同梱のセットアップカード記載の「本製品ログイン用」記載のパスワードで、WSR-5400XE6へログインします。

後は回線の自動判別で30秒程待つと以下の通り画面が切り替わります。「クロスパス接続を行う」を選択し後は自動で接続されます。

30秒程度待つ
クロスパス接続をタップ

しばらく待つ
閉じるで完了

みつ
みつ

めちゃめちゃ簡単ですよね。10分とかからず設定できます。


WSR-5400XE6がおすすめな人

WSR-5400XE6は以下のような人には是非導入して欲しいアイテムです。

おすすめな人
  • 既存ルーターからの交換を手間なく実施したい人
  • 最新規格Wi-Fi6Eに対応したルーターがいい人
  • 楽天ひかりを利用しており手間なくルーターを交換したい人
  • BUFFALOルーターを利用しており最新機種への交換を検討している人
  • 安定した快適な通信環境が欲しい人
  • YouTubeやPrimeVideoを途切れなく快適に楽しみたい人
  • PC、スマホ、タブレット、スマートホーム家電と多くのデバイスを利用している人


WSR-5400XE6のまとめ

今回は新たな帯域6GHzが利用可能となる、最新規格Wi-Fi6Eに対応したルーターWSR-5400XE6を紹介いたしました。

実際に使ってみて、スタイリッシュなデザインで速度もしっかりと出ますし、途切れや通信が不安定になる事はありませんでした。

なんといっても既存のルーターからの切り替えもめちゃめちゃ簡単でした。BUFFALO製のルーター切り替えであれば「スマート引越し」機能でさらに簡単なようです。

WSR-5400XE6のメリット、デメリットをまとめます。

BUFFALO Wi-FiルーターWSR-5400XE6
総合評価
 (4.5)

メリット

  • スタイリッシュなデザインで設置場所を選ばない
  • 最新のWi-Fi6Eに対応し安定した高速通信が可能
  • ギガ超え光回線を最大限活用する2.5Gbpsのインターネットポート搭載
  • ワイドバンド160MHzに対応し動画再生が途切れない
  • 古いルーターからの交換が簡単

デメリット

  • Wi-Fi6Eに対応した製品が少ない

2万円以下で最新規格に対応したルーターなので、長期で利用したい方にもおすすめです。

おすすめ関連記事

最後までご確認いただきありがとうございます。

是非、関連記事もチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA