落とし物が無くなる、落としても見つかるスマートタグ!Anker Eufy Security SmartTrack Card レビュー

落とし物が無くなる、落としても見つかるスマートタグ!Anker Eufy Security SmartTrack Card レビュー

記事内に広告が含まれています

以前から超欲しかったAnkerから発売の「Eufy Security SmartTrack Card」をポチりました。

これがあると何が出来るかっていうと「なくしものが無くなる」「物をなくしても見つかる」というヤバいアイテムです。

Anker Eufy Security SmartTrack Card

大事なものを無くしてしまうんじゃないか?「ヤバい…なくした!」という不安を手軽に解消できます。

今回はEufy Security SmartTrack Cardをしばらく使ってみての感想や、メリット・デメリットを紹介致します。

メリット

  • 財布の落とし物が防げるカード型タイプ
  • Appleの「探す」アプリが利用できる
  • 置き忘れた時に自動でアラートを鳴らしてくれる
  • 音を鳴らして置き場所を特定できる
  • 複数人で共用利用ができる

デメリット

  • 電池交換ができない

ちょっとしたデメリットはあるものの、コレがあれば大事な物の紛失が未然に防げて、なくし物も見つかっちゃいます。

ちなみに正式名称はAnker Eufy Security SmartTrack Cardですが、以降ではSmartTrack Cardとします。


この記事の著者

ガジェットブロガー

みつ

プロフィール

画像を多く用いて、ガジェットのレビューを専門に提供するブログを運営しています。最大月間30万PVを誇り、ガジェット愛好者やガジェット購入を検討している方々に向けて、詳細かつ視覚的に魅力的なコンテンツを発信しています

Eufy Security SmartTrack Card 特徴

SmartTrack Card は「なくしものが無くなる」「なくした物が見つかる」カード型で財布に入るデバイスです。

特徴は以下の通りです。

製品特徴
  • なくしものが、無くなるアイテム
  • Appleの「探す」アプリに対応
  • スマホからSmartTrack Card を鳴らして置き場所を特定できる
  • SmartTrack Card からスマホを鳴らす事もできる
  • 最大3年のバッテリー性能
  • 落とし物を拾った人から連絡をもらえる
  • 位置情報や履歴は暗号化され個人は特定不可
  • メタルクリップ同梱でケースなどに取り付け可能
小型財布にも問題なく収納可能

Appleの「探す」アプリやAnkerの「Eufy Security」アプリでSmartTrack Cardの位置を特定でき、なくし物を見つける事ができます。

また、スマホおよびEufy Securityお互いからアラーム音を出す事ができ無くしても、簡単に見つける事ができます。

製品仕様は以下の通りです。

項目Eufy Security SmartTrack Card
イメージ
サイズ‎8.5 x 5.4 x 0.24 cm
重量12.4g
カラーブラック
防水規格IPX4
(小雨や水滴などに対する防水レベル)
電池寿命最大3年間
対応アプリ・Appleの「探す」アプリ
・Ankerの「Eufy Security」アプリ
持ち物を探す機能あり
現在位置の特定あり
スマホを鳴らす機能あり(マナーモード設定時も可能)
置き忘れ通知あり
デバイス共有あり(複数アカウントで登録デバイスの情報共有)
同梱物・SmartTrack Card
・メタルクリップ
クイックスタートガイド
製品保証最長2年保証
定価¥3,990
最新価格Amazon
Eufy Security SmartTrack Cardの製品仕様

Anker公式の紹介動画です。特徴がすっごいよくわかります。

ちなみに、以下の通りiPhoneは両方のアプリを利用できAndroidユーザーは「Eufy Security」のみの利用となります。

Apple「探す」アプリとAnker「Eufy Security」について
  • iPhone利用者・・・「探す」アプリと「Eufy Security」の両方が利用できます。
  • Android利用者・・・利用できるアプリは「Eufy Security」のみになります。
探す

探す

Apple無料posted withアプリーチ

eufy Security

eufy Security

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

では、動画ではわからない所を細かく補足していきます。

Eufy Security SmartTrack Cardの開封および同梱物

では、実際に「Eufy Security SmartTrack Card」開封していきます。

パッケージ正面

背面にはAppleの「探す」アプリが利用可能、アラーム機能で置き忘れ防止などの製品特徴が記載されています。

パッケージ背面

同梱物は以下の通りです。

Eufy Security SmartTrack Cardの同梱物一式
同梱物

マニュアルは日本語含む複数の言語で記載させています。

クイックスタートガイド

付属のメタルクリップは以下の通りEufy Security背面に貼り付ける事で、大切なファイルやパスポート、ポーチやリュックのポケットに掛ける事ができます。

メタルクリップ正面
メタルクリップ背面
Eufy Security背面
Eufy Securityへメタルクリップ装着のイメージ
みつ
みつ

Eufy Securityはお財布に入れる一択かと思ってましたが、クリップを利用する事で大切な書類や何かにひっかけるなど色々な用途に利用できそうです。


Eufy Security SmartTrack Cardの外観

SmartTrack Cardの外観を確認していきます。

Eufy Security正面

正面にはボタンと、アラーム音が流れるブザーがついています。

Eufy Securityのボタンやブザー
Eufy Securityのボタンおよびブザーについて
  • ボタン・・・Eufy Securityの初期設定時、およびスマホのアラート音を鳴らす際に利用
  • ブザー・・・スマホアプリからEufy Securityのサウンドを鳴らした際に音の出る場所(ブザー)

背面にはSmartTrack Card固有のバーコードが印字されています(以下の通りマスクしてます)

Eufy Security裏面

さすが財布に入るというだけあって薄いです。厚さは2.4mmクレジットカード2枚重ねた程度の厚みです。

Eufy Security側面

手にとるとこんな感じです。クレジットカード程度のサイズです。

Eufy Securityサイズ感

AirPods Pro 第2世代を並べました。財布に入るだけあってコンパクトです。

Eufy Security(左)、AirPods Pro 第2世代(右)

私が測った所では、約13gでした。

Eufy Security重量


Eufy Security SmartTrack Card メリット

SmartTrack Card を実際に使って感じたメリットは以下の通りです。

メリット
  • 財布の落とし物が防げるカード型タイプ
  • Appleの「探す」アプリが利用できる
  • 置き忘れた時に自動でアラートを鳴らしてくれる
  • 音を鳴らして置き場所を特定できる
  • 複数人で共用利用ができる

財布の落とし物が防げるカード型の紛失防止タグ

財布を無くしたくない!無くした財布を見つけたい!となればSmartTrack Card一択です。

ご存知の方もいるでしょうが、近しい機能を備えたAirTagや「Eufy Security SmartTrack Link」ありますが、財布に入れるのは中々きびしいです。

SmartTrack Card は厚さ2.4mmの超小型カードタイプで財布やカードケースにすっぽりと入ります。

「財布は絶対無くしたくない」という方は、この商品一択です。

Appleの「探す」アプリが利用できる

アップルの探すネットワークは超絶優秀ですよね。

私もiPadやAirPodsをどこに置いたか忘れた時によく利用しますが、超正確ですぐに見つける事ができます。

SmartTrack CardはAnker製品ながら、Appleの「探す」ネットワークが利用できてしまいます。

正直、「探す」ネットワークが利用できなかったらSmartTrack Card は買わなかったかもしれません😅

Appleの「探す」ネットワークは見知らぬ人同志のiPhoneが一大ネットワークを形成し、紛失したデバイスを見つける事ができるネットワークです。

正直、人のいきかう場所でiPhoneが存在しない場所なんてほぼないですよね。大切な物をなくしても「探す」ネットワークが利用できれば、かなりの確率で失くし物を見つける事ができます。

【Apple「探す」ネットワークについて】

  • 数億台のAppleデバイスが形成する大規模ネットワーク
  • Bluetoothテクノロジーで紛失したデバイスやアイテムを探す
  • 紛失したデバイスの位置情報を持ち主に知らせる


置き忘れた時に自動でアラートを鳴らしてくれる

Apple「探す」アプリ画面

タイトルの通り、紛失を未然に防いでくれる素晴らしい機能(手元から離れたときに通知)が搭載されてます。上記画像の通り「オン」にする事をおすすめします。

大切なものを置き忘れて、スマホとSmartTrack Cardの距離が離れるとスマホにアラート通知してくれる便利な機能です。

この機能を有効にしておけば、なくし物を未然に防ぐ事ができます。

また、上記のように特定の場所(自宅など)を登録しておけば登録した場所では機能しないように設定できます。

まぁ自宅とかではこの機能は不要ですよね。

音を鳴らして置き場所を特定できる

これは無くした後に利用する機能ですが、スマホからSmartTrack Cardのアラーム音(電子音)を鳴らす事ができます。

上記のようにAppleの「探す」アプリで「サウンドを再生」を選択する事で、アラーム音を流す事ができます。

さらにですが、逆にSmartTrack Cardからスマホのアラート音(音楽)を鳴らすという事もできます。

具体的には、上記画像の通りSmartTrack Cardボタンを2回連続で押す事でスマホで音楽が流れます。

それ凄いの?と思うかもしれませんが逆にスマホを無くしてしまった時は、スマホをさっと見つける事ができます。

以下のような音がなるので、結構距離があってもサクッと見つける事ができます。

Eufy Security、スマホの双方から呼び出した際のブザー音
みつ
みつ

結構な音なので再生する際にはご注意ください!


複数人で共用利用できる

え?どういう事という方に補足すると…「Eufy Security SmartTrack Card」は複数人で共用して利用する事ができます。

つまり利用者のスマホだけでなく、共用した人のスマホでも「Eufy Security SmartTrack Card 」の場所を地図で確認したり音を鳴らしたりできます。

これって素晴らしいですよね。1つしかないけど複数人で管理したいモノの紛失を防ぐ事ができます。

利用は簡単で、上記の通り「デバイスの共有」を選択しアプリ指示に従うのみです。

これは、AirTagには「デバイスの共用」は搭載されていないです。Ankerさんすごい!


Eufy Security SmartTrack Card デメリット

SmartTrack Card の気になった点は以下の通りです。

デメリット
  • 電池交換ができない

Eufy Securityは電池交換ができない

気になった点としては、SmartTrack Cardは電池交換は不可になります。

実際の所、SmartTrack Card買い切りタイプで通常利用で約3年間利用できます。まぁこのサイズで電池交換できるようにするときっと分厚くなってしまい財布に入れるのは無理でしょうね😅

とはいえ、個人的には紛失タグ系の製品は3年も使えれば十分だと私は思ってます。どうせ3年経たないうちに新機能を搭載した新製品がでるので電池交換するまでもない気がします。

過去を振り返ってもガジェット関連で電池やバッテリー交換しつづけて使いつづけた製品はないです。だいたいがより便利な新製品に買い替えて生産性や効率をあげていただ気がします。

そのため、私の中ではほとんどデメリットではないですが、他競合製品では電池交換が可能なのでデメリットとして補足しておきます。


Eufy Security SmartTrack Cardを紛失防止タグおすすめ製品と比較

SmartTrack Cardを同機能を所持した他製品と比較します。まずは表でざっくりとまとめました。

項目SmartTrack Card SmartTrack LinkAirTag
イメージ
メーカーAnkerAnkerApple
サイズ8.5cm × 5.4cm × 0.24cm3.7cm × 3.7cm × 0.65cm3.19cm × 0.8cm
形状カード型タグ型タグ型
重量12.4g10g11g
電池寿命最大3年間最大1年間1年半以上
電池交換不可
防水規格IPX4
(雨や水滴程度)
IPX4
(雨や水滴程度)
IP67
(水深1mで最大30分)
Apple「探す」アプリ利用可能利用可能利用可能
利用可能スマホiPhone / AndroidiPhone / AndroidiPhone
共用利用可能可能なし
定価3990円2990円3896円
最新価格AmazonAmazonAmazon
紛失防止タグ比較

実際はどのアイテムに紛失防止タグつけるか、自分の利用するスマホは何かなどに左右されますが以下は個人的な選定ポイントです。

紛失防止タグ選定方法
  • 財布やパスケースにつけるなら・・・・SmartTrack Card 一択
  • 鍵やカバンにキーホルダーのようにつけるなら・・・SmartTrack LinkやAirTagがおすすめ
  • 複数人で共用利用したいなら・・・SmartTrack CardやSmartTrack Link
  • Android利用者なら・・・SmartTrack CardまたはSmartTrack Link
  • 見た目優先なら・・・やっぱりAirTagはかっこいいですね。

個人的な独断と偏見ですが、上記参考に検討いただければと思います。


Eufy Security SmartTrack Cardの口コミ

カード型で財布等にいれやすいですが使いきり。

カード型で財布等に入れやすいですが電池交換等出来ず使いきりみたいです。
機能はAriTagと同様に探すアプリで使えて便利です。
流石にIC系のカード等とすぐ近く(同じポケット等)に入れているとICの読み込みが悪くなるので同じ定期入れ等にいれて使用する場合は注意が必要です。

“Amazon出典引用”

何一つ不便さは無い(私は)

「eufy security」 アプリでできることと、iPhoneの「探す」アプリでできることで分けて考える必要がありますが、基本的に求めている機能は備わっていると思います。カードからスマホを鳴らすこともできますし(近くにあるときのみ)、iPhoneならカードがどこにあるかを地図で追うこともできます。
唯一の欠点はAndroidユーザーにとってのメリットがさほど大きくないこと。近くにカードが存在しないと鳴らせないし、地図で追うことも出来ません。

“Amazon出典引用”

もしものときの安心を買う

偶然入荷していたので即買いしました。
財布に入れて使っています。
思ったより薄く、ほとんど気になりませんでした。
GPSの感度も良く落としてもすぐに見つけられそうです。

“Amazon出典引用”

安心!

Air tagよりも大音量で鳴らせるので安心感が違います。また、スマホを鳴らすこともできるのは本当に便利!
薄さも本当に薄くて財布に無理をさせないのでとても良いです!!

“Amazon出典引用”

厚さはクレジットカード二枚分くらい。

大きさはクレジットカードと同じ大きさで財布にも入りやすい。
ただ、本体のボタンでケータイを鳴らせるように設定しておくと、財布に入れた場合気づかないうちに、本体のボタンが押されてしまいスマホ鳴るという恥ずかしい思いをすることがあります笑
スマホ側の設定でいつでも解除できるのでお気を付け下さい

“Amazon出典引用”


Eufy Security SmartTrack Cardのよくある問合せ

Eufy Security SmartTrack Cardの初期設定方法を教えてください。

設定は簡単で数分で実施できます。詳細手順については公式サイトにある「こちら」をご確認ください。

Eufy Security SmartTrack Cardの初期化方法(リセット方法)を教えてください。

5秒以内に本体ボタンを5回すばやく押します。その後にボタンを5秒間長押しします。そして、音が2回鳴ったらリセット完了です。

ビープ音は変えられますか?

変えられません。

ビープ音の止め方を教えてください。

SmartTrack Card はボタンを1回押すとビープ音が止まります。スマホのビープ音は「スマホの通知をクリックする」または「Eufy Securityアプリを起動する」とビープ音が止まります。


Eufy Security SmartTrack Card がおすすめな人

SmartTrack Card は以下のような方には是非チェックして欲しいアイテムです。

おすすめな人
  • 財布をよくなくす人、財布をなくしたくない人
  • パスケースや大切な書類をよく無くす人
  • カード型の紛失タグが好きな人


Eufy Security SmartTrack Cardのまとめ

今回は、Ankerから発売の「なくしものが無くなる」「なくした物が見つかる」カード型の紛失防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」を紹介致しました。

財布を無くした時の絶望感って半端ないですよね。これがあればそんな絶望感も防ぐ事ができます。

そして、財布限らずですがパスポートやリュック、ポーチなど色々な所にこっそり入れておけるので使い勝手はいいです。

あらためてメリット・デメリットをお伝えします。

Anker Eufy Security SmartTrack Card
総合評価
 (5)

メリット
  • 財布の落とし物が防げるカード型タイプ
  • Appleの「探す」アプリが利用できる
  • 置き忘れた時に自動でアラートを鳴らしてくれる
  • 音を鳴らして置き場所を特定できる
  • 複数人で共用利用ができる

デメリット
  • 電池交換ができない

記事内で紹介したアイテム

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

おすすめ関連記事

最後までご確認いただきありがとうございます。

是非、関連記事もチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA