極上の座り心地を体感!イトーキ サリダ YL9レビュー

極上の座り心地を体感!イトーキ サリダ YL9レビュー

記事内に広告が含まれています

  • 在宅ワークだと肩や背中が痛くなる
  • 会社のオフィスチェア並みにいい椅子が欲しい
  • あまり予算がないので高コスパな製品がいい
みつ
みつ

今回はそんなお悩みにお答えします。


私も同じ悩みをもっていました

ここ数年で在宅業務が当たり前になり、とりあえずAmazon1万円以下のデスクチェアを購入しました。

これはこれで悪くはなかったのですが、2〜3時間も利用すると首や腰が痛くなり長時間の作業には苦しい品質でした。

やはり品質を求めるとある程度の費用は出さないとだめですよね、そこで口コミやネット情報を元に調べた所、以下がおすすめのようでした。

高い…品質はめちゃめちゃいいのでしょうが私のお財布事情では手が出ませんでした。

イトーキ サリダ YL9

そこからさらに品質・デザイン・価格面を元に探した所、多少のコストはかかりますがコスト以上の高品質なデスクチェク「イトーキ サリダ YL9」を見つける事ができました。

メリット

  • デザインがかなりイけてます
  • 自動リクライニングが高品質
  • 座面の奥行きが調整できてどんな体型にもフィットする
  • 硬めのヘッドレストが無意識に姿勢をよくしてくれる
  • 汚れに強い

デメリット

  • 肘掛けの向き調整ができない

実際に使ってみるまでは不安でしたが、使ってみると座り心地もかなり快適で以前の椅子のように腰や背中が痛くなる事も全くありませんでした。

私はホワイトを購入しましたがブラックやネイビーなどの取り扱いがあります。


\今すぐセール対象かをチェックする/

この記事の著者

ガジェットブロガー

みつ

プロフィール

画像を多く用いて、ガジェットのレビューを専門に提供するブログを運営しています。最大月間30万PVを誇り、ガジェット愛好者やガジェット購入を検討している方々に向けて、詳細かつ視覚的に魅力的なコンテンツを発信しています

イトーキ サリダ YL9 特徴

「イトーキ サリダ YL9」はオフィス向けの家具を使う専門メーカーイトーキから販売されているオフィスチェアです。イトーキ サリダ YL9は長時間座る人のためのフルスペックモデルというのがキャッチフレーズになっています。

製品の主な特徴は以下の通りです。

製品特徴
  • 高機能なヘッドレスト
  • 操作不要な自動調整ロッキング
  • 9段階で調整ができるアジャスタブル肘
  • 座面の奥行き調整機能
  • 質感にこだわるアルミ製の脚
  • 独創的なデザインを実現するエラストマー素材

製品仕様は以下の通りです。

項目イトーキ サリダ YL9
イメージ
タイプオフィスチェア
サイズW67 × D70.5 × H113.5〜122.5cm
重量21.5kg
カラーブラック、ホワイト、ネイビー
背面材質エラストマー
アルミダイキャスト
キャスターナイロン双輪キャスター
保証3年
備考購入者の組立製品
イトーキ サリダ YL9の製品仕様

個人的にはこの価格帯で以下が備わっているのは凄いですね。個人的なおすすめポイントです。

YL9の製品特徴ピックアップ
  • 操作不要な自動調整ロッキング
  • 座面の奥行き調整

サイズについて補足すると以下の通りです。

製品特徴をわかりやすく整理すると以下の通りです。


イトーキ サリダ YL9の開封および組み立て

念のためですが、組み立て式なので組み立てる必要があります。

上記の通りそこそこ大きいです。私は3階に部屋がありますが一人で運ぶ事ができました。

女性の場合はちょっと厳しいと思うので、開封してパーツを個別に部屋まで運ぶなどした方がいいかもしれません😅

開封すると下記の通りパーツが詰まられてます。パーツ毎にしっかりと個別包装されております。

段ボールから出すとこんな感じです。

イトーキ サリダ YL9の同梱物一式

同梱物は以下です。

同梱物
  • 背もたれ
  • 座面
  • アジャスタブルの肘掛け
  • ヘッドレスト
  • 支柱
  • ネジ複数本
  • 六角レンチ
  • 日本語説明書

全てが六角レンチ締めではありません。別途、マイナスドライバーが必要となりますのでご注意ください。

とはいえ、ネジも少なく日本語マニュアルもしっかりとしているのでサクッと組み立てる事ができます。

一人で組み立てる場合は、ベットなどある程度高さのある所に座面を置いてのネジ締めをおすすめします。

そして、足に支柱を差し込みます。

支柱に座面を差し込みます。そこそこ重いのでご注意を

あとはヘッドレストをつけてネジ締めをして、ヘッドレストのネジ箇所を隠す蓋をします。

そして、肘掛けをつけて完成です。

完成後の前後の写真です。やはり背もたれのデザインは特徴的でかっこいいですね。

みつ
みつ

特段つまずく事もなく、サクッと組み立てはできました。


イトーキ サリダ YL9を使ってみての感想

デザインがかなりイけてます

冒頭でも触れましたが、かなり特徴的なデザインでかっこいいです。

以前利用していたデスクチェアは背面がメッシュで通気性のいいものでしたが、(体質でしょうが)ちょっと蒸れるんですよね

そして長く使ってくると背面のメッシュが汚れてきます。

イトーキ サリダ YL9は特殊な素材(エラストマー樹脂素材)で適度な弾力性で背中や頭にしっかりとフィットして快適な座り心地を提供してくれます。

布やメッシュ系の素材ではないので、汚れもつきませんし匂い(特に頭)もつかないのでおすすめです。

自動リクライニングが素晴らしい

“自動”リクライニングがとても素晴らしいです。

イトーキ サリダ YL9は、背もたれに寄り掛かった体重を感知し、適切な角度まで自動でリクライニングしてくれます。

この価格帯のデスクチェアではなかなか搭載されていない機能のようです。

座面裏にあるレバーで自分にあったリクライニング角度も調整できますし、自動リクライニングしないように固定する事もできます。

仕事に疲れたらリクライニングを最大して、ヘッドレストに頭を乗っけるととても癒されます

座面の奥行きが調整できどんな体型にもフィットする

高価なデスクチェアについている、座面の奥行き調整機能がイトーキ サリダ YL9にも搭載されています。

腰が痛くなったり姿勢が安定しない原因は、骨盤や腰が最適なポジションになっていないから起こるようです。

イトーキ サリダ YL9であれば、以下のように座面奥行きを調整する事ができて、最適なポジションに設定できます。

座面を背もたれ側へ

座面を全面へ

ちょっとわかりずらいかもしれないですが、上記(左側)が座面を背面まで最も近づけた状態です。上記(右側)は座面を背面から最も離した状態です。

座面調整を行う事で、背面の腰があたるポジションが調整でき快適な座り心地を実現できます。

硬めのヘッドセットが無意識に姿勢をよくしてくれる

お恥ずかしながら、ヘッドレスト付きのデスクチェアは初めてでした。

初めて利用しての効果の程は?という所ですが、使ってみると姿勢がかなり良くなったというのが正直な感想です。

私は結構、猫背になる癖があり仕事や勉強をしているとどうしても猫背になってしまっておりました。

ヘッドレストに頭を乗せると大分体が楽になるので、無意識に姿勢が良くなってしまいます笑

そして、ヘッドレストは上記のとおり細かな角度調整ができて、どんな方にも合うと思います。

汚れに強い

白色なので汚れが気になる所ですが、こちらの製品はとても汚れに強いです。

というより、材質のおかげという所もありますが、布やメッシュではなくエラストマー樹脂という素材を使用してます。

この素材は汚れがついてもサッと拭き取るだけでキレイに汚れをとる事ができますし、布系の素材ではないので匂いもつかないのがかなりのメリットです。


イトーキ サリダ YL9の気になった点

下記はイトーキ サリダ YL9の「ゲーミングチェア版」の画像ですが画像の通り肘掛けの向き調整ができます。

残念ながらYL9は肘掛けの向き調整はできないです。個人的にはYL9にも肘掛けの向き調整があったらよかったなぁという所です。

とはいえ…この価格帯での座り心地やデザインを考慮するとトップレベルなので求めすぎなのかと思ったりしてます。

肘掛けの向き調整は譲れないという方は、以下のゲーミングチェア版も考慮してみてください。

イトーキ サリダ YL9の肘掛けを逆につけてみる

噂でイトーキ サリダ YL9の肘当てを左右逆にすると快適になる?という話で実際に試してみました。

やってみたところ、本当にしっくりきて正解でした。イトーキ サリダ YL9をお持ちの方は一度試す事をおすすめします。

なんでいいかっていうと左右逆にする事で、デスク側の肘掛けが短くなり下記画像の通り、デスクギリギリまで椅子をデスク側に押し込む事ができます。

その結果ちょうどいい位置に肘掛けがあり、無理なく肘をかける事ができキー入力も快適でした。この使い方は他の方にもおすすめしたい。


イトーキ サリダ YL9のよくある質問

ロッキングの固定ができません。

シートアングルストッパーが「カチッ」と音がするまで操作されていますか。「カチッ」と音がするまで操作されていない場合、ロックされず半がかりの状態になっている可能性がございます。

ロッキングさせるたびにバキっと音が鳴ります。

フラップカバーというパーツが奥の金属部分に当たった状態で組み立てられている可能性がございます。詳細は「こちら」をご確認ください。

ヘッドレストの取り付けが上手くできません。

ヘッドレストの取付方法」を参照し取付をお願いします。

肘を取り外して仕様しても問題ないでしょうか?

肘を取り外して仕様しても問題ないでしょうか?

ヘッドレストを取り外しても問題ないでしょうか?

ヘッドレストを取り外しても問題ないでしょうか?


イトーキ サリダ YL9のまとめ

現在は在宅業務をされている方がほとんどかと思いますが、一日中座っているデスクチェアは重要なアイテムですよね。

高価なデスクチェアであれば、腰や肩の負担も減り仕事や勉強の集中力も高まります。あらためておすすめポイントを紹介いたします。

イトーキ サリダ YL9
総合評価
 (4)

メリット

  • デザインがかなりイけてます
  • 自動リクライニングが高品質
  • 座面の奥行きが調整できてどんな体型にもフィットする
  • 硬めのヘッドレストが無意識に姿勢をよくしてくれる
  • 汚れに強い

デメリット

  • 肘掛けの向き調整ができない
おすすめな人
  • 在宅ワークで長時間デスク作業を行う人
  • 10万円台のコストはかけられないが、コストを抑えた高品質なオフィスチェアが欲しい方
  • 座り心地も大事だけどデザインのいいオフィスチェアがいい方
  • ちょっと変わったホワイトカラーで個性を出したい方

個人的には肘掛けが動かせたらいいなとは思いますが、この価格帯では求めすぎかなという所で現状デメリットらしきものはありません。

けど、以下のような何十万円もするデスクチェアは購入できないけど、品質にはこだわりたいという方にはイトーキ サリダ YL9は3万円台の価格帯でかなり高コスパなアイテムかと思います。

最も重要なポイントは座り心地ですが、それだけでなくデザインも素晴らしくどんな体型にもフィットさせる事ができる素晴らしいアイテムです。

気になる方は是非一度チェックいただければと思います。

「イトーキ サリダ YL9」でも肘掛けの高さ調整はありますが、肘掛けの向きも変えたいという方にはゲーミング版の下記も選択肢の1つかもしれません。

最高におすすめなオフィスチェア

最後までご確認いただきありがとうございます。

是非、関連記事もチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA